From the bayarea, CA


by mammyko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「星の国から孫ふたり」Berkeley上映会

c0045287_6113068.jpg日付は遡りますが、5/29(土)、「星の国から孫ふたり」という、ノンフィクション作家・門野晴子さんの著書「星の国から孫ふたり バークレーで育つ『自閉症』児」を原作とした映画の上映会を開催しました。会場はバークレー浄土真宗センター。

映画のモデルとなった原作に登場する自閉症をもつ兄妹はバークレー在住。妹のJちゃんとCKはプリスクールの同級生で、そんな縁で知り合ったお母さんのT子さんとはとても親しくさせていただいてます。

製作の関係上、映画での設定は日本に置き換えられましたが、モデルとなった子供たちもご家族もバークレー在住、こりゃー絶対バークレーでも上映したい!と思い、T子さんの友人有志で実行委員会を作り、浄土真宗センターのスタッフにご協力をいただき、無事上映当日を迎えました。

子供たちの障害を受け入れ、他人と比べずに、その子らしさを大事にした子育てをされているT子さんとばーばの晴子さん。そんなお二人の姿勢に感動し、障害の有無にかかわらず、それが子育ての原点だと気づかされました。自閉症児と家族、増加する発達障害と診断される子供たちへの社会の理解が深まることを願って上映したこの映画です。

実行委員会の私たちにとっての一番のrewardは、「よい映画でした」と観に来てくださった方々に言ってもらえたことでした。

そして私にとってもう一つよい経験だったのは、この映画の英語字幕を担当させたいただいたこと。

しっくりくる英訳が見つからなかったり、見つかっても場面の切り替わりの関係で省略せざるを得なかったり、限られた秒数と画面幅の中ですべてを表現しきれない葛藤と戦いながらの修正と調整の日々。

観に来てくださった現地のspecial educationの先生が「I understood perfectly!」と言ってくださり、どんなにうれしかったことか!

達成感と充実感いっぱいで終了した上映会でした。

大成功!です。
[PR]
by mammyko | 2010-06-28 06:13 | 映画