From the bayarea, CA


by mammyko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Summer Camp開始

ワールドカップ、パラグアイ戦で日本チームは負けちゃったけど、すごいよい試合でしたね。

ハラハラドキドキしっぱなしの接戦で、2回の延長戦を終えても0-0。今回のW杯初のPK戦にもつれこみ、そこで惜しくも負けてしまいましたが、負けても感動せずにはいられない試合内容でした。こんなに熱くなったのは2002年のW杯以来です。You do Japan proud!

月曜日からCKのサマー・キャンプが始まりました。

サマー・キャンプもあちこちでいろいろあるようですが、うちは迷わずCKが参加しているafter school programと同じ場所、コアのスタッフも同じメンバーで行われるサマー・キャンプを選択。このafter school programに参加している子が優先で登録できたし、あちこち比べるのが面倒だったので…(^^;

案の定、馴染みの場所で、知った顔のスタッフに囲まれて楽しくやっているようです。きょうは午後から水泳があったのですが、日焼け止めをぬらなかったので赤い顔をして帰ってきました。来週の水泳の日は朝からぬってあげようっと。。。

一方ジナンは明らかにヒマそうです(笑。 昨日・今日と買い物に連れまわされ、途中お友達の家の近くを通るたびに「○○君ちにいくー」、「△△ちゃんと遊ぶー」、「xx君ちをとおり過ぎた。戻れー」。

まあ彼の楽しめる予定を作ってあげてない母が悪いのですが。

明日はSちゃん&S君姉弟とのプレイデートにこぎつけたので、じっくり遊んであげることができそうです。
[PR]
by mammyko | 2010-06-30 13:37 | 日常

Berkeley Family Camp 2010

話はまたまた遡りまして6月の第一週末。

今年も行ってきましたBerkeley Family Camp @ Tuolumne。

昨年同様、静かでのんびりなキャンプサイトを期待していったら、今年ははるかに参加家族が多く賑やか!人がワラワラ。

その分知り合い家族も多く参加していたので、結局は楽しかったのですが(笑。
c0045287_6323961.jpg
c0045287_6325393.jpg
c0045287_633732.jpg
c0045287_6331762.jpg
c0045287_6332960.jpg


キャンプとしては邪道かもしれませんが、このキャンプ、食事つきというのはやっぱり楽♪ 遊ぶことに集中できます。テントを張らなくてもいいしねー(先着順にキャビンを選ぶ)。

キャンプ中、連日30度ぐらいの暑さで、山からの雪解け水で川の水量は多く、冷たい!!

が、子供たちはお構いなし。中日は朝10時から午後4時までずーっと川で遊んでました。
大人は誰も入らず(笑。

2泊3日で企画されているこのキャンプですが、来年は1日早く来て3泊しようとすでに計画中です。
[PR]
by mammyko | 2010-06-28 06:53 | 季節行事
c0045287_6113068.jpg日付は遡りますが、5/29(土)、「星の国から孫ふたり」という、ノンフィクション作家・門野晴子さんの著書「星の国から孫ふたり バークレーで育つ『自閉症』児」を原作とした映画の上映会を開催しました。会場はバークレー浄土真宗センター。

映画のモデルとなった原作に登場する自閉症をもつ兄妹はバークレー在住。妹のJちゃんとCKはプリスクールの同級生で、そんな縁で知り合ったお母さんのT子さんとはとても親しくさせていただいてます。

製作の関係上、映画での設定は日本に置き換えられましたが、モデルとなった子供たちもご家族もバークレー在住、こりゃー絶対バークレーでも上映したい!と思い、T子さんの友人有志で実行委員会を作り、浄土真宗センターのスタッフにご協力をいただき、無事上映当日を迎えました。

子供たちの障害を受け入れ、他人と比べずに、その子らしさを大事にした子育てをされているT子さんとばーばの晴子さん。そんなお二人の姿勢に感動し、障害の有無にかかわらず、それが子育ての原点だと気づかされました。自閉症児と家族、増加する発達障害と診断される子供たちへの社会の理解が深まることを願って上映したこの映画です。

実行委員会の私たちにとっての一番のrewardは、「よい映画でした」と観に来てくださった方々に言ってもらえたことでした。

そして私にとってもう一つよい経験だったのは、この映画の英語字幕を担当させたいただいたこと。

しっくりくる英訳が見つからなかったり、見つかっても場面の切り替わりの関係で省略せざるを得なかったり、限られた秒数と画面幅の中ですべてを表現しきれない葛藤と戦いながらの修正と調整の日々。

観に来てくださった現地のspecial educationの先生が「I understood perfectly!」と言ってくださり、どんなにうれしかったことか!

達成感と充実感いっぱいで終了した上映会でした。

大成功!です。
[PR]
by mammyko | 2010-06-28 06:13 | 映画

夏休み

ご無沙汰しております。
すっかり更新をサボってしまいました。

子供たちは先週から夏休み突入。

夏休み前の一ヶ月は子供たちの学校行事が目白押しで、参加しない、手伝わないという選択もあるものの、もうすっかり先生にあてにされているので、結局かかわってしまう…(^^; 自分で自分の首をしめてるし。

先週水曜日からCKはSanta Cruzの義母のところへお泊りに行きました。後を追ってジナンとDも金曜日にSanta Cruzへ。おかげで私は一人のんびりの週末です。

eyebrow threadingいって(初めて!)、美容院で髪をカットしてもらって(4ヶ月ぶり)、図書館でじっくり本を選んで、新しくできたTrader Joe's(MLK @ University Ave.)で買い物して、久しぶりにマカロンを作って、土曜の夜は女友達4人集まって飲んで食べて、夜7時に集合したのに気がついたら午前3時!!

こんな時間まで遊んでたのってOK時代以来です。

楽しかった。

寝不足だけど気分は爽快。自由な週末を過ごさせてもらったおかげで英気が養われました。あと数時間で男どもが帰ってきますが、戻ってくる現実を受け入れる準備は万端です(笑。

CKは明日から5週間サマーキャンプ。
ジナンは公園、プレイデート、プール三昧の夏になることでしょう。
[PR]
by mammyko | 2010-06-28 03:17 | 日常