From the bayarea, CA


by mammyko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

4月最後の週末

金曜日のジナンの気絶騒動にはこっちが気絶しそうになりましたが、おかげさまでジナンはすっかり元気になりました。ご心配をいただき、本当にありがとうございました。

さて週末。

「ぽぽんたの会」という、子供たちに日本語の読み聞かせ活動をしている会の劇を観にいってきました。この劇に狼役で出演している友人から「土曜日にEl Cerritoでやるよ」と連絡をいただき、楽しみにしていたのです。

演目はパネルシアター「まんまるさん遊び」と人形劇「3匹の子豚」。

まんまるから足や体が飛び出して、最後にはなんの動物になるか?という子供たちの想像力をかきたてる遊びと、お笑いをまじえたテンポのよい人形劇に子供たちはみんな釘付け。

そんな子供たちをみていて、大人も楽しかったひとときでした。

夜は、初めて家族全員で映画館で映画を鑑賞。

観たのはもちろん子供向け映画;『How to train your dragon

CKはともかく、いくら映画が気に入っても3歳のジナンは2時間近くも座っていられないだろう…と期待せずにいったら、これが意外や意外。映画後半、私とDのヒザの上を何度か移動しましたが、ちゃんと最後まで映画を観ることができました。

これはうれしい誤算。

飽きて騒ぎ出すジナンをつれて、退場になる自分を覚悟していたので(笑。

あ、映画も面白かったです。3D効果抜群で、主人公を背中に乗せたドラゴンが、岩場の間を飛びぬけていくシーンは迫力満点。それにしてもドラゴンってあんなに種類がいたのねー。中にはどーみてもカバにしか見えないドラゴンも…(汗

日曜日、CKはOakland A'sの選手たちとふれあうイベントにでかけ、
私は4月から役員に任命されてしまったとあるサポートグループのミーティングへ。

夕方全員が戻った後は、ご近所のCさん宅でお呼ばれディナー。

なんだか盛りだくさんの内容の週末。でも充実感たっぷりでもありました。
[PR]
by mammyko | 2010-04-26 06:28 | 日常

What a day!

朝、CKを学校へ送っていき、いつものように始業ベルがなるまで子供たちは校庭で遊んでました。

そしたら周りをよく見ないで走り回っていたジナンが、バスケット・ボールのゴールを支えている鉄柱に激突。

大声で泣き出し、私はジナンのところへとんでいって、抱きしめて慰さめていたら、なんとジナンは泣きながら気絶してしまいました。

呼んでも呼んでも返事をしないし、私はもう大パニック!

近くにいたM先生が駆け寄ってきて、「ジナン君、聞こえる?聞こえる?」と冷静ながらもしっかりした声で対応してくれ、ジナンは目が覚めて再び泣き出し、ホッと胸をなでおろしたのですが、その間10秒あったでしょうか…私は生きた心地がしませんでした。

本人もかなりショックだったのでしょう。その後しばらく大人しかったです。でも問いかけにはちゃんと答える、おやつの欲しがる、CKのクラスメイトの弟・妹たちとも遊ぶ、といつもどおりの行動だったので、大丈夫だとは思いつつもやはり打ったのは頭(おでこ)、その後一応救急に連れて行きました。

結果は異常なし。

コブも夜までにかなり小さくなりました。

それにしてもジナンの意識がなくなったときは、そのままジナンが戻ってこない恐怖にかられて、何がなんだかわからなくなりました。なんともなくて本当によかったけど、私の寿命は絶対縮まったと思います…。

救急から家に戻ったのが午前11時半。家の留守電に「CK君はきょうスクールランチを食べるんですか?」のメッセージが。

あー!!!

ジナンの一件ですっかり忘れてしまってた…。

朝CKのランチにできる食材がなかったので、子供たちをそれぞれの学校に送った後、買い物して、何か作って、ランチ時間までに届ける約束をCKにしていたのです。

それをすっかり忘れていました。いえ思い出したとしても1st gradeのランチは11時からなので間に合わなかったのですが、、、。

ランチは届いてないし、この日のスクールランチは食べないメニュー(ナチョス)だし、彼の性格からしてかなりダメージを受けているはずと思い、とりあえず学校へ走りました。

校舎に入ったところでちょうど担任の先生に遭遇。やっぱり泣いたって…(^^;
ランチには先生がすすめたスクール・スナックの残りのベーグルを2個食べたそうです。

校庭でCKを発見し、ランチを届けられなかった理由を説明して謝りました。悲しそうな顔をしていたけど、理解してくれたと思います(CKはジナンガ頭を打ったのは知ってましたが、その後救急に行ったは知らなかったので)。

夕方、CKをafter schoolに迎えにいき、さあ帰ろうと車のエンジンをかけたら、か、かからない~(汗;

バッテリー?と思ったけど、バッテリーが切れた状態でにエンジンをかけるときにする「カチッ」という音がしない。

時間は5時過ぎ、会社をでる寸前のDを電話でつかまえてきてもらい、あちこいじって電気系統のケーブルの接触が悪くなっていた部分を発見。そのケーブルを動かしたら車は動きました。

それにしても焦った(汗;

そして家に戻ったら交通事故! 私たちではないけど。

角に建っている我が家、その十字路で2台の車が衝突(衝突したほうはうちの3,4軒おいてお隣さん)。うちの真横だったのでその衝撃音と事故にビックリ。この十字路での事故をみるのはこれで2度目です。どちらも怪我はなかったようですが、自分も気をつけないとと身が引き締まりました。

なんだかいろいろあってかなり疲れた一日でした。
[PR]
by mammyko | 2010-04-24 13:45 | 日常

Sakura

先週末・今週末はSF Japan Townの桜祭りでした。

最後にいったのは3年前、ひょんなことから、最終日のパレードで女神輿に参加させていただきました。ジナンがまだ生後2ヶ月ちょっとで、数日前から乳腺炎になりかけて、それでもかついだっけねー。もう3年前か。

今回はCKに「桜祭りで琴に合わせて『さくら』を歌いませんか?」というお話をいただき、本人にきいたら「歌う。」というし、僭越ながら引き受けさせていただきました。 
c0045287_1401319.jpg


桜祭り前に全体で合わせたのはたったの2回。一部の子供たちと集まって練習したのが一回、あとは個人練習のみだったので、本番はいったいどうなることやら…と親のほうが不安でしたが、子供たちって緊張しないのか、本番に強いのか、本番は今までで一番よくまとまってました。

羽織・袴姿もよく似合ってたし(親ばかですが)、なんか、とっても感無量。

貴重な機会を与えてくれた友人とそのお琴の先生に感謝いっぱいです。

CKの隣の男の子はクラスメイトのL君。「さくら」の歌をすでに知っている、お母さんが日系人、少年合唱団に所属していて歌うの大好き、と3拍子揃っていたので、「一緒に歌う?」とスカウトしたら二つ返事でOK。CKの頼もしい相方となって一緒に歌ってくれました。

それにしても桜祭りはすごい人だった…パレードの日でもないのにすごい盛況。この不況の中、イベント事も予算カット・参加者不足でショボくなる傾向にあるのに、この日の日本街は活気がいっぱい。なんかエネルギーをもらったような気がします。CKたちのステージの後はジナンがぐずぐずで、ゆっくりみてまわれなかったのが残念です。

--------------------------------------------------

きょうは日曜日。

午前中Dと子供たちはFisherman's Wharfに停泊しているセイリング・ボートの見学&朝食ツアーに参加。

お昼すぎに戻ってきて、今度は私も加わってL君宅でのBBQパーティーへ。L君のお父さんはフランス人で、アルコール度60%の15年熟成させたコニャックを勧められるままに飲み始めたDは、帰りまでにかなりの泥酔状態…(^^; お酒に強い彼があそこまで酔うのは珍しい。明日にひびかなきゃいいのですが。。。
[PR]
by mammyko | 2010-04-22 14:30 | 季節行事

脱力

き、消えた…。

先々週と先週の分を(ダイジェストだけど)updateしようと書いたのが消えた…。

アクシデントで違うキーを押したのは自分だけど、凹みます(--;

脱力。

---------------------------------

義理父が滞在を2泊延ばして先々週半ばまで滞在、子供たちの春休み、Easter、Mama's night out、合気道、CKの歌(SFの桜祭りで琴にあわせて「さくら」を歌います)、CKの友達が初めて我が家でsleep over、などがありました。

下書きしてコピペするんだった…。
[PR]
by mammyko | 2010-04-12 16:17 | 日常