From the bayarea, CA


by mammyko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:ドラマ( 2 )

DVD三昧

24の第5シーズンが終わってしまったぁ~。そうか、そうくるかって終わり方(もったいぶらなくてもサイトをみればわかるんだけど)。ショッカーがでてくるとは思わなかったな(笑。

あまり真面目にみてなかった今シーズンのAmerican Idolも明日・明後日の放送で終わり。

木曜日のSurvivorも終わってしまい、見る番組がなくなったのでそろそろNetflixを3枚コースに戻さねば。楽しみにしていたSix Feet UnderQueer As Folkのラスト・シーズンがレンタル解禁になったし、今年後半の夜はDVD三昧になりそうです。
[PR]
by mammyko | 2006-05-23 13:24 | ドラマ
友だちから借りているTVドラマ2作、ここ一週間で一気に視聴。

c0045287_6321580.jpg1つは「君の手がささやいている」。聴覚障害をもつ女性・美栄子(菅野美穂)と、そんな彼女をひたむきな愛で支える男性・博文(武田真治)のストーリー。出会いから結婚~出産~育児とふたりの成長の過程、聴覚障害者をもつ家族ゆえにふりかかる試練、それを乗り越えていく主人公たち。悲壮感を排除し、困難に立ち向かう主人公の姿勢を前向き且つさわやかに描いているので、後味のよい感動が得られるドラマだった。

c0045287_635128.jpgもうひとつは「東京湾景」。これにはハマった。次の展開が気になって気になって、もう一話もう一話とDVDに手が伸び、金曜の夜には後半6話をマラソン視聴・・・視終わって時計をみたら午前3時だった(^^;。在日韓国人で一流出版社に勤務する美香(仲間由紀江)と書道家になる夢を持ちながら品川埠頭の倉庫で働く亮介(和田聡宏)。二世代・二ヶ国に渡って運命に翻弄されるこの二人のラブストーリーは・・・・・まるで「冬ソナ」(爆!そー思って視てたら「冬ソナ」のサンヒョクを演じた人がゲスト出演してるし(笑。

「冬ソナ」をみた人には容易に展開が想像できてしまうドラマ。ドラマって普通先が読めるとつまらないものだが、これに関しては「よし、次はあーなって、そーなって、こーなるぞ~」とワクワクしながら視て、その通りにストーリーが展開してくると「よっしゃあ~!きたきたキターッ!」と一人で大盛り上がり。そして「ここで終わるわけがない。なにかどんでん返しがあるはず・・・」と期待していると大どんでん返しが(笑。期待を裏切らずに展開してくれるストーリーがとってもストレス解消になった。でも次に似たようなドラマをみたら「またか・・・」って気になるかもね。3度目めの正直?

ちょっと一言。民族意識を重んじる美香の父親役・石坂浩二さん。演技が「白い巨塔」の東教授役の時とまったく一緒だったんですけど・・・。
[PR]
by mammyko | 2005-11-19 16:03 | ドラマ