From the bayarea, CA


by mammyko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:未分類( 6 )

Berkeley Family Camp - food -

このキャンプは3食付きなので、金曜日のディナーから日曜日のランチまですべてお世話になりました。

時間になると鐘が鳴り、カフェテリアに集まってみんなで食事。滞在中のメニューは;

【金曜夜】ミートローフ、チキンナゲット、マッシュポテト、ベイクトポテト、さやインゲンのにんにく炒め、グリーンサラダ、ディナー・ロール、ブラックベリー・クランブルとアイスクリーム

【土曜朝】パンケーキ、ソーセージ、グリーンサラダ、シリアル各種、ポリッジ、ヨーグルト、オレンジジュース

【土曜昼】グリルド・チーズ・サンドイッチ(チーズのみとターキーハム入りの2種)、トマトスープ、グリーンサラダ

【土曜夜】エンチラーダ(チーズとチキンの2種)、メキシカンライス、豆料理(名前忘れた、うずら豆をペーストにしたもの)、グリーンサラダ、クッキー3種

【日曜朝】スクランブルエッグ、ベーコン、スコーン、グリーンサラダ、シリアル各種、ヨーグルト、オレンジジュース

【日曜昼】ピザ(チーズ、コンボ、ガーリックの3種)、トマトソースのパスタ、グリーンサラダ

と覚えているだけでこんな感じ。お味のほうも期待してたよりずっと美味しくて、これ以上このキャンプにいたら確実に太ったと思います(汗。

コーヒー、お茶、水、ミルク、フルーツ、パンは食事時間だけでなく、一日中アクセスOK。なので昼間キャンプ外に出かけるときは自分でサンドイッチを作って持っていくこともできます。

コーヒーは大きなサーバーで用意されたものの他に、自分で挽いていれたい人用に豆が2種類、コーヒーミル、ドリッパーが用意されており、お茶に関してはティーバッグではありますが紅茶、中国茶、緑茶、ハーブティーなど、なんと20種類近く常備されていました。ここまで充実しているとは想像もしなかったので本当にビックリ。

食事つきということで自分たちで持っていった食料は子供たちのスナックとフルーツと水のみ。キャンプ内の食事・食料事情が充実していたので、それもほとんど消費することなく家に持ち帰ってきてしまいました、ただ一つを除いては。

それは、、、、、米!

白米大好きな我が子たち(&私)、電気が通じているキャビンがある(なかったらカフェテリアで使える)というのが事前にわかっていたので、私は米と炊飯器(とふりかけ)を持参。Dには出発前に散々「邪道だ」と言われましたが、そんなの無視、無視!案の定子供たちは日曜の朝にはご飯を食べたがり、お隣のお友達家族のキャビンは電気が使えたので、そこで炊かせてもらって、炊飯器ごとカフェテリアに持っていって白米朝食(笑。CKとジナンと私はベーコンとスクランブルエッグをおかずにふりかけご飯を食べたのであります。ご飯を食べると胃の落ち着き具合が違うんだよねぇ…やっぱり。

(余談:納豆を持っていきたかったけど、さすがに匂いと見た目で他の宿泊者たちを遠ざけそうだったので諦めました。)
[PR]
by mammyko | 2009-06-04 07:37

Stomach Flu?

連休後半からCKが体調を崩しております。

特に日曜午後からは下痢が始まり、今朝がピーク。5分おきにオムツを交換しなきゃいけない状態で、トイレ・トレーニングも一時中止でございます。当然学校も今日はお休み。本人は行きたがってましたが…。大分体力を奪われてるようで、午前10半頃に自らベッドに行き、ただいま寝ております。早くよくなりますように。
[PR]
by mammyko | 2006-11-28 05:42

Memoirs of a Geisha

Memoirs of a Geishaに出演した中国人女優さんたちが同じ中国人たちから非難されているみたいですね。中国人なのに日本人の役をやるなんて!と。そんなの今に始まったことじゃないのに。「The Pillow Book(枕草子)」だってそうだったし。中国人が日本人を演じ、カリフォルニアで撮影されたハリウッド映画、Memoirs of a Geisha・・・・原作の「さゆり」には感情移入できなかった自分なので、映画も観にいくかどうか迷うところです。
[PR]
by mammyko | 2005-12-17 09:09

雨週間

ずっと雨の今週。週半ばに雨がやんだ日もあったけど、また降りだした雨。雨季の最後のあがき?

冬の雨季を除けば天候には恵まれているベイエリア、外で子供を遊ばせられる公園がたくさんある。うちから徒歩15分圏内に思いつくだけも5つ、便利だ。

しかし。外の遊び場が充実している分、インドアの遊び場が少ない。雨が降ると行き場にこまる。うちの中で遊ばせるのは2日が限界、エネルギーがあまった子供に付き合う親も大変。

プレイエリアを併設している図書館があるが、子供たちは皆静かに遊んでいる。走り回りたい時期のCKには向いていない。本を読んであげても聞いてやしないし(-_-;

車で15分ぐらいのところにあるインドア型モールにもプレイエリアはあるのだが、考えることは皆一緒、雨の日はめちゃ込みで、大きい子供が走りまわっているとCKぐらいの月齢の子は自由に動けず、それどころか邪魔にされることもあるので、雨の日にはかえって連れて行きたくない。

テレビやビデオも長時間は見せたくないし。

CKは今昼寝中。

起きたらまたパワー全開で遊びだすんだろうな。

何して遊ぼう。。。
[PR]
by mammyko | 2005-02-18 10:10

隙間収納家具

キッチンのカウンター下の隙間にスーパーの紙袋に無造作に詰められている(というか詰めたのは私だ)日本食材。主に乾物、粉、真空パック類。

それを収納する箱が欲しくてスーパー、ホームセンター、家具屋といろいろ回ってみたが理想的な大きさのものに出会わない。

ちなみに欲しいのは縦:50cm~55cm、横:10cm~15cmのもの。

日本だったらどこの通販カタログにも載っていそうなものだ。それがここでは見つからない。

そして気付いた、そーか、この国には隙間収納家具が存在する必要がないのか。

狭いニッポン、狭い土地をより有効活用するためにコンパクトで機能的な製品がありふれている。しかしココは大陸、(機能的な部分はともかく)モノがコンパクトである必要はないのだ。隙間を利用しなくても収納できる場所はたくさんあるよ~ん、ってことか。

(なのにうちは狭いぞ!!)

期待しないでもう少し探してみよう。
[PR]
by mammyko | 2005-02-16 11:32

節分

今日は節分。

節分といえば忘れもしない2002年の節分直前のある日の夜。会社の友人かつ飲み友達のN子&K子といつもの六本木のパブで飲んでいた。

そこできかされた「恵方巻き」なるものの存在と驚愕の事実。

【節分の日には「恵方巻き」と呼ばれる太巻きをその年の吉とされる方角を向いて丸かじりする】

「もともとは関西の風習よ」とK子(奈良出身)。

「うちは家族全人一列に並んで丸かじりするよ」とN子(東京出身)。

「!※?△○゛#!$¶ヾи%?ф∴▽!?!?!」、、、私(秋田出身)。

N子の言葉からすると東京にもこの風習は上陸しているらしい。
しかしまだ信じられない私。いえ、節分に太巻きを食べることではなく、信じられないのはその食べ方、「太巻きを丸かじりする」の絵なのだ。N子にいたっては家族全員並んで、と、、、。

「ほんとだってばー。嘘だと思うんだったら節分の日にスーパーに行ってみて。今年の吉の方角が書かれた恵方巻きが売ってるから」とN子&K子に言われ、節分の朝、開店と同時に近所のスーパーへ(朝の開店と同時に行ったということは2002年の節分は土or日だったのか)。

、、、、、、あった。
お惣菜コーナーには山とつまれた恵方巻き。ちゃんと方角のシールも張られていた。説明書きには「切らずに食べる(切ると「縁を切る」ことになり縁起がよくない)」と。

N子&K子からきかされた話が裏付けられ、その驚愕の事実に呆然と立ちつくすこと数秒(お惣菜コーナーで)。

「らっしゃーい、らっしゃーい」と威勢よく叫ぶ店員さんの声に我に返り、はい、もちろん買いましたよ恵方まき。3本ぐらい。

そして一人暮らしのアパートに戻り、一人その年の吉方角を向いて丸かじり(←東京・一人暮らしOL、正しい節分の過ごし方)。

それ以来私にとっての節分は炒った大豆でもなく、落花生(←秋田県地方はこれ)でもなく、でんろく豆でもなく、「恵方巻き」となったのだ。

というわけで今晩のメニューは恵方巻き。西南西を向いて丸かじり。
[PR]
by mammyko | 2005-02-04 05:52